伊達みきお、富澤たけしの学歴【爆笑エピソード】サンドウィッチマン

お笑い芸人
スポンサーリンク

富澤たけしの学歴

学校名 偏差値
小学校 仙台市立南光台小学校
中学校 仙台市立南光台中学校
高校 仙台商業高校 50
大学 福祉系の専門学校

富澤たけしの学生時代エピソード

【学生時代エピソード】
小学生時代、父親が厳しく、漢字勉強を強要されていた。サボると殴られた。
ラジオのDJごっこにハマった。
あだ名は「お富」だった
小学生時代は、イカつくなかった
中学時代、兄とよく喧嘩をしたので、勝つために柔道を始めた
中学の友達と映画を作った。監督兼主役で、ビーバップハイスクール風だった。
中学時代から高校まで、懸賞にハマった。富澤が使っていたカメラやポストは懸賞で手に入れたものだった。
高校は、「ビーバップハイスクール」にあこがれて選んだ。学ランが理由だ。
「ビーバップみたいにしたい」と言っても親が納得しなかったので、ラグビーをやりたいと嘘をついて入学した。
富澤が入学した年から、学ランでなくなった。
しかたなく入ったラグビー部で伊達と出会った。3年間でルールを覚えきることができなかった。
高校時代、最初は自転車通学をしていた。2台盗まれた。
原付きで学校に行くようになった。学校は原付き登校禁止だった。
先生は、多くの生徒が原付登校しているとわかっているので、停める場所を突き止めると、鎖でまとめてぐるぐる巻きにした。
すると、生徒たちは、巨大な鎖切りで対応した。
富澤は先生がうっとうしかったので、車で行き始めた。朝早く学校に行って、先生の場所に停めた。結局、バレることは無かった。
ピザ屋でバイトして、中古のカローラを30万円で買った。クリスマスシーズンでサンタの格好をしていた富澤は、子供に帽子を取られて、「偽サンタ」とあおられた。
配達圏外から伊達から注文が来て配達し、玄関先で長話をして怒られた。
漫画を書いていたので、雑誌に応募したイラストが何度か掲載されていた。
学ランでなくなって、ビーバップになれないとわかると、学校に入った意味を見いだせず途方に暮れた。
そのうち先生がアドバイスくれるだろと思っていたら、卒業していた。
学生時代は太っていた
YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。